ガラピコに麦茶を入れると…【ガラピコぷ~】のガラピコに無限の可能性を感じる

      2018/06/04

朝の子ども番組の定番、おかあさんといっしょ。

その中で昔からやっている着ぐるみ人形劇。

昔は

・ドレミファ・どーなっつ!
・ぐ〜チョコランタン
・モノランモノラン
・ポコポッテイト
・ガラピコぷ〜(現在)

などがやっていましたね!!私は「にこにこぷん」世代です(^^)/

現在やっている「ガラピコぷ~」は2016年の4月から放送が開始されました。

私は5歳の娘がいるので前作のポコポッテイトからお世話になっています。

ポコポッテイトが終わって、新しく「ガラピコぷ~」が始まる時は、正直キャラクターも可愛いと思えないし、まったく期待していませんでした。

ネットでの評判も大変悪かったようで、「即終了か?」なんて言われていたとか。

しかし。

ガラピコぷ~

登場人物のガラピコがすごいんです!!



ガラピコとは

着ぐるみ人形劇「ガラピコぷ~」に登場する着ぐるみ3体の中の一人。

惑星探査用ロボット 製造番号103

調査活動中にしずく星に不時着し、一部が故障した影響でプログラムが初期化されてしまう。そのため、収集したデータのほとんどを消失してしまった。

当初は他人の感情がさっぱり理解できず、自分の気持ちを制御するのが苦手。ズレた発言や行動をすることがある。多弁かつ早口。ただし、後述の通りストーリーが進むにつれ、たまに他人の気持ちが理解できるようになった。

出典:Wikipedia

 

ガラピコの原動力は、なんと「水」です。

背中のタンクに水を補給することによって稼働する「エコなやつ」です。

なんと。

500mlで5日分動けるらしいです。

すごい高機能。

でも、水なので、冬場は凍ってしまい動けなくなるということがありました( ゚Д゚)
海水を入れられた時も…ちょっとおかしくなっていましたね。真水がいいようです。

うっかり補給をおこたり動けなくなるという事態も。

そんな時は仲間のチョロミーやムームーが助けてくれます。

4月3日放送。麦茶をタンクに入れられたガラピコの性格が一変…

本日の放送で、水と間違えて麦茶を入れられるという事態が起こりました。

いつものように

チョロミー・ムームー・ガラピコの3人は仲よく遊んでいます。

今日のあそびは”ごっこ遊び”

しかし、ごっこ遊びをなかなか理解できないロボットのガラピコ。

燃料切れになってしまいます…

そこで、ムームーが持っていた水筒から燃料補給をすると…ガラピコの性格が一変!!

なんと水筒の中身は水ではなく麦茶だったのです…( ゚Д゚)

いつもは穏やかなガラピコが…

松岡修造さん並みの熱い男に!!

マジで神回です。

時々こういう神回が来るんですよね…ガラピコぷ~

もう、大好きです!

正直キャラクターも可愛いと思えないし、まったく期待していませんでした。」

期待しないとか言ってすみませんでした。

他にもあるガラピコのおもしろ機能(?)

磁石が体につくと…

体に磁石が付くと声が変わります

体にくっつくと「渋い声」

頭にくっつくと「甲高い声」

複数の磁石が体につくと…
エラーが発生し、言ったことと反対のことを行ってしまう上、我に返った際もくっついている間の記憶は無くなってしまいます。(この回も面白かったです)

ピコニクパー スイッチョン! ガラピコピ〜!

失ったデータを集めるガラピコ。
新しい発見があると「ピコニクパー スイッチョン! ガラピコピ〜!」と言ってデータを保存します。

ガラライザー

目に「ガラライザー」という装置を付けると物体と会話できるようになります。

謎のボタン

背中に謎のボタンがついています。赤いボタンを押すと恐ろしいことが起こるんだとか…
以前チョロミーに押されそうになっていましたが、ムームーに止められ未遂。
何が起こるのか…気になりすぎます。

まとめ

何かと新しいものが始まった時は批判もつきものですが、今や隠れファンも多いであろう「ガラピコぷ~」。

これからもガラピコの新たな機能&面白エピソード!期待したいと思います。

 

こちらの記事もおすすめ>>>

 - 子育て