産後太りは断乳・卒乳後にくる!!【ダイエット宣言】

      2018/05/12

産後太り

ごまもよう
コーヒーとカステラの組合せってサイコーー🍰

旦那
まてまてまてーーー!!おまえのケツ…やべぇから。見ろ鏡を!!乗れ!!体重計に!!

 

 

そういえば、最近デニムの中のお肉がパンパンな気がする…

そういえば最近トイレに座るとモモの肉がやたらはみ出している気がする…

そういえば最近お風呂の椅子に座るとお腹の挟まり具合がやばい気がする…

ごまもよう
……5キロ増えてた。

 

 

現在2歳半になる長男出産後、長男が1才2か月の時に授乳をやめて、1年。

その間に体重が5キロ増…。

こんにちは。じわじわ増える体重に恐怖を感じているごまもようです。

今日はダイエット宣言をしたいと思います。



母乳育児でやせた人は注意

「出産後に体重がなかなか元に戻らなくて」

「あんたを産んでから太ったのよ」

出産後、女性は太るというイメージがありませんか?
私は自分が実際出産するまで、「産後の体を元に戻すのは大変」というイメージがすごく強く、多分多くの女性がそうだと思うのですが、出産前から産後にちゃんと体重が元に戻るのかと心配に思っていました。

けれど。

実際に産んでどうだったかというと、特に何の努力もなく、体重は元通り、しかも出産前より一回り痩せた気もするし、むしろ前より食べているのに太らないというゴールデン期間を迎えました。

それは、何故か。

「母乳育児」です。

私がすんなり痩せられた原因について思い当たるのはほぼこれにつきます。

授乳期において、ママの身体は1日に600~700kcalほど消費するといわれています。600kcalといえば1食分に相当しますから、かなりの消費量です。

厚生労働省の「妊婦・授乳婦」に関する資料によると、授乳婦の推定エネルギー必要量は、プラス350kcal/日とされています。

一般女性の1日の消費カロリーは約1500kcalですから、1日に1850kcalの食事をとってやっと健康的な身体を保てるというわけです。この消費カロリーよりも摂取カロリーが下回れば当然痩せていくはずです。

また、乳腺炎などのおっぱいトラブルを避けるために、脂っこいものや甘いものを我慢するようになるので、食生活の面からも痩せていくとも考えられます。

出典:【助産師監修】母乳育児で痩せるって本当?成功する産後ダイエットの方法は?

 

まさに、これ。

私の場合おっぱいがじゃんじゃか出て、乳腺炎に悩まされるタイプだったので、乳腺炎にならないように食事には気を付けていました(でも、量は全然気を付けてなかった

本当に太るのは卒乳・断乳後

本当の産後太りとの戦いはここからだったのです…。

ごまもよう
ああ、あの何を食べても太らないゴールデン期間にあれもこれも食べておけばよかった…

ラーメンのおつゆ…飲んでおけばよかった…(旧作のドラえもん日本誕生のこのセリフが思い出される…)

しかし。

そんなことを言っている場合ではありません。

もうあのころには戻れないのです。

年齢も30代後半にさしかかり…基礎代謝落ちまくり。

仕事も在宅で体を動かす仕事じゃない。

これはもう意図的に摂取カロリーを下げる&基礎代謝を上げる

しかないのです。

とりあえずダイエットしてみることにした

体重計に乗ってしまって…あの数字を見てしまうとね。

ちょっとやばいなと気付いてしまいました。

旦那も体重が100キロ目前…かなりやばいので一緒にダイエットすることにしました。

意志の弱い私は、ここで宣言しておかないと…ダメな気がする。

またご報告します。

 

追記>>>

1週間でマイナス3キロ。脂肪燃焼スープダイエットの効果!【準備編】
1週間、運動なしでマイナス3キロ。脂肪燃焼スープダイエット【体験談】1日目~3日目
脂肪燃焼スープダイエット【体験談】4日目から6日目のメニューと感想

 - ダイエット, 日々の雑記, 産後のあれこれ